チリ:バルパライソ州キンテロ自治区〜炭化水素ガス集団中毒発生①

0

8月21日、約50人の生徒と教師2人がキンテロ自治区の3校(Liceo Politécnico、InglesとSanta Filomena)から緊急搬送された。いずれも吐き気、嘔吐、脱力感を訴え、その症状は悪臭の波が押し寄せた後に発生した。これによって同自治区の全校が休校となった。

 

 

2日後の23日、キンテロ自治区とプチュンカビ自治区の複数の学校の生徒達が中毒症状を示し、環境省の調査によって、原因が炭化水素ガスによるものであると発表された。中毒症状は123人以上に現れ、24日金曜日の両自治区の休校が確定した。

 

 

両自治区からは、黄色い粉が地面に蓄積している様子と硫黄のような匂いが報告され、消防が現場に出動した。黄色い粉の正体が、花粉又は化学物質なのかサンプル収集され調査に回された。

 

 

中毒症状には、嘔吐、脱力感、神経症状が見られ、環境省は工場地帯である周辺に併設されている施設に原因があるとの見解を発表。同地域には黄色警報が発令された。

この地域の汚染が開始した時期は60年前にさか上る。1958年の最初Chilectra(現在の電力会社Enel Distribución)の工場に始まり、36年後の1994年には7社の新たなエネルギー業界の工場から排出される物質によって、「二酸化硫黄と粒子状物質が飽和した領域」として環境省の環境と社会回復プログラム(PRAS)に申告されていた。

 

 

鉱業省は1991年に、二酸化硫黄、粒子状物質又はヒ素のを供給源とし排出する施設に対して持続的な監視モニターと除染計画を1992年の7月までに提出するように法令を発布し、要求した。この書類は2017年に改定され、2018年に再提出されたが会計検査官によって却下された。現政権は今年の12月までには再提出する予定を立てている。

 

現在、その地区に併設されている工場は以下の通り。

  • Codelco Ventanas (銅精錬および製油所)主にアノードとカソード、硫酸を生産。年間生産能力は精錬所で42万トン、製油所で40万トン、硫酸は36万トン。
  • ENAP (Aconcagua製油所)メトロポリタン地方で消費される燃料の殆んどを生産している。1日当たり104.000バレルの石油を処理(蒸留)する能力を持ち、785人の労働者を抱える。
  • AES Gener (Campiche熱電所)今回の中毒事件には関与していないと声明を出した。270MWの容量を持つ石炭と石油コークスに基づいた熱電発電所で、Sistema Interconectado Central(SIC)にエネルギーを供給。
  • Copec (燃料貯蔵プラントと海上ターミナル(TPI))2004年のアルゼンチンガス供給危機をきっかけに作られ、中央地方に液体燃料を輸入し貯蔵する能力を強化する。貯蔵量は、ディーゼル75,000m3又はガソリン60,000m3、航空灯油15,000m3。
  • GNL Gas GNL Quintero(液化天然ガスの受け取り、荷下ろし、貯蔵と再ガス化のターミナル)合計334.000立方メートルの3つのタンクが連続的な供給を保障し、中央地方の供給を満たしている。

 

24日には、今回発生した事件と長年に渡る環境汚染、生活への不安が爆発し、デモ行進が行われた。

「この行進は、今週の事件だけではなく、長年に渡ってゆっくりと毒を盛られている状況に対する市民の抗議を表明するためである。これ以上その行為を許し、耐える事はできない。この問題の責任は自治体にあるわけではなく、チリ政府が長期に渡って見て見ぬ振りをしてきた事にある。我々は、日に日に化学物質で汚染されている。」と、代表者は抗議についての説明を行った。

そして、一部過激な人々がCodelco VentanasとGasmarの施設に侵入し、柵や窓、ドアを破壊する行為を行った。それによって警察が出動し、抗議参加者は徐々に退散した。

 

 

関連記事

チリ:バルパライソ州キンテロ自治区〜炭化水素ガス集団中毒発生②

 

参考情報:

http://www.emol.com/noticias/Nacional/2018/08/21/917758/Evacuan-colegio-en-Quintero-por-posible-intoxicacion-de-35-estudiantes.html

http://www.soychile.cl/Valparaiso/Sociedad/2018/08/23/552173/Evacuan-y-suspenden-clases-a-alumnos-por-nuevo-episodio-de-contaminacion-en-Quintero-y-Puchuncavi.aspx

Termoeléctrica, refinerías y terminal de gas: Cuáles son las fuentes contaminantes en Quintero y Puchuncaví

http://www.soychile.cl/Valparaiso/Sociedad/2018/08/24/552410/Habitantes-de-Quintero-y-Puchuncavi-marcharon-contra-la-contaminacion-en-la-zona.aspx

 

 

Leave a Reply