チリ銅産業、「チリの給与」ではなくなる

0

 

この10年間で銅産業によるチリ国内への収益は20倍減少し、「チリの給与」としての一番の収入源ではなくなったと大蔵省が発表しました。

この10年間の財政への補給は1,7%であり、ピーク時の2006年には34,29%でした。大蔵省の発表では、昨年の国内総生産のわずか0,4%が銅産業によるものであり、10年間で最低水準を示しました。2006年には国内総生産の8,4%が銅産業から生じていましたが、そこから減少しています。

会議の焦点は、銅の値段が下落してる点と銅が国内生産の柱ではなくなっている現状からチリ国内の生産活動に多様性をもたらす必要性が早急に望まれてる点にフォーカスされました。

特に銅産業に頼っているアントファガスタ地方にとっては、銅産業の停滞は致命的であり、投資と利益が見合っていない現在、マクロエコノミックを指示できる政策が求められています。

 

引用: Cobre deja de ser el “sueldo de Chile”: Aporte al Fisco cayó a 1,7% en la última década | Emol.com

Leave a Reply