Browsing Tag

マドゥロ大統領

ベネズエラ:人的支援流入を止める為に受刑者を派遣

ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロは、暫定大統領フアン・グアイドが求めた人道援助の国内への流入を防ぐ為にコロンビアとの国境であるティエンディタス2カ国間橋に、バリケードとして受刑者40名を派遣した。 受刑者達はタチラ州のサンタ・アナ刑務所に服役中で、今回の派遣に関してはベネズエラ裁判所が承認したのかは明らかにはされていない。 受刑者達がどのような方法でバリケードとなるのか、武器を所有するのか明確になっていない。マドゥロ大統領に対する批判は増加している。 …

ベネズエラ暫定大統領、メキシコのAMLO大統領に支援を要求 

今回のベネズエラ問題において、南米で数少ない中立な立場をとっているメキシコ。それに対してベネズエラ暫定大統領のグアイド氏は、「民主主義を求める声に連なるように」と要求している。 しかし、メキシコのAMLO大統領は、「他国の問題には関わらない」という姿勢を変えない意思表示を明確にしている。 「我々の外交官に対する指示は、我々の問題に対して他の国が関与しようとしないためにも、他の国の問題に対して慎重である事。」…

ベネズエラ:7月30日の選挙とその後、荒れる国内と国際社会からの避難②

ニコラス・マドゥロ大統領の一人息子、27歳のNicolas Maduro Guerra氏、通称「ニコラシト」がファーストレディーである義母Cilia Flores氏と共に憲法改正のメンバーである545人の議員の中の一人に選出されました。 同氏は、父親が大統領職についた2013年から父が作った役職に勤めてきました。最初は政府の反汚職委員会の委員長を勤め、その後は新設された映画学校の校長、最終的には副大統領の大統領代表団の最高責任者の役職についていました。…

ベネズエラ:7月30日の選挙とその後、荒れる国内と国際社会からの避難①

7月30日(日曜日)、ベネズエラ憲法制定国民議会の代表者を選出する選挙が、反対派による過激な抗議とチャビスモ(野党)との対立の中で実施されました。 保守派は、Hugo Chavez前大統領によって制定された憲法の書き換えに参加する議員を選出するための今回の選挙が「歴史的参加人数」であったことを祝いました。…