何でも南米ニュース!「マポチョ川の氾濫の原因」

0

今回起きたマポチョ川の氾濫はコスタネラ・ノルテ高速道路の一部を閉鎖を余儀なくしただけではなく、金融や貿易センターのビルが建つアベニーダプロビデンシアと、南米最大のショッピングモール、コスタネラセンターを浸水し、大混乱を招いた。
1982年に起こったマポチョ川の氾濫と同じ様な事が起こるかも知れないと予測され、措置が緊急事態を回避するために取られたのにも関わらず、川の氾濫を防げなかったのはなぜだったのか?
首都圏の市長は、サンティアゴ東計画と首都の最も混雑したエリアの道路接続の工場を担当しているコンセッショネアコスタネラ・ノルテ( la empresa concesionaria Costanera Norte)に責任があり、彼らの緊急時の対応や予防が適切で無かった為、川は1982年のように氾濫したと述べている。
(La Tercera 2016年4月18日)

Leave a Reply