9月18日の祝日、チリ人お気に入りの海外・国内の目的地は

0

独立記念祭の祝日に旅行をするというチリ人の習慣は止められない、たとえ今年の祝日が週末を挟んだ3連休で平日の休みは19日の月曜日だけだとしても。Atrapalo.clの報告によると実際に2015年度と比べると国内外の旅行の需要は約25%の伸びている。

「独立記念祭はチリ人にとって重要な伝統であり、その期間に旅行をする習慣は都合の悪い祝日に当たったからと言ってダメになるわけではなく、人々は適応して祝日に合わせて平均4、5日間休みをプラスする。」

南アメリカ内の旅行の需要は27%成長し、オリンピック終了後の値下げの恩恵を受けてリオ・デ・ジャネイロがトップに躍り出た。これに次いで伝統的なブエノス・アイレスとリマが位置する。カリブは今年度15%上昇し、カンクンやプンタ・カナは家族で海と暑さを楽しむ理想的な場所に変身した。カルタヘナ・デ・インディアとサン・アンドレスもチリ人のお気に入りの内に入っている。

No. 1 リオ・デ・ジャネイロ、ブラジル
No. 2 ブエノス・アイレス、アルゼンチン
No. 3 カンクン、メキシコ

米国、特にオルランドとマイアミは今年度最も需要の高い目的地の一つで、家族で過ごす理想の場所を代表している。国内旅行の需要も18%上昇し、9月の祝日を過ごす人気のある街には、イキケ、アリカ、ラ・セレナ、プエルト・モン、プエルト・バラスとプンタ・アレナスが挙げられる。文句なしに国内の一番人気はイキケで、理由として美しいビーチと手頃な値段、便利な空の便が考えられる。

iquique

引用: Río, Caribe y Orlando: Los destinos favoritos de los chilenos para este 18 de septiembre | Emol.com

Leave a Reply