チリ:バルパライソ州キンテロ自治区〜炭化水素ガス集団中毒発生②

0

8月24日、環境大臣Carolina Schmidtは、その週に起きた2件の集団中毒事件に伴いEnap(Aconcagua製油所)の施設の一部の運行停止を発表した。

キンテロとプチュンカビ自治区では、200人以上の人々(多くが子供)が神経症状、嘔吐、吐き気、頭痛の症状を訴え、医療施設に搬送されたり自分で受診した。

大臣は、今回の出来事は許しがたく、Enapが毒ガスを排出していると確認できたとツイッターのビデオで発言した。調査では120種類のガスが確認され、そこで炭化水素ガスが報告された。

炭化水素ガスの排出先としてEnapが指摘され、タンクの清掃に使用されたのではないかと大臣はコメントした。

Greenpeaceは今回の事件を、「チリのチェルノブイリ」と指摘し、チリ政府に早急な解決を求めた。

確かな原因と解決策が見つからない中、キンテロとプチュンカビ自治区では27日月曜日も全校休校となった。23日に発令された黄色警報そのままで、地域の化学物質のモニタリングが強化されている。

中毒症状を訴えていた250人は退院し、通常の生活に支障は出ていない。陸、海、空からの警備は続行され、診察場所の強化も続く。

T13Radioで同地域にあるOxiquim社の従業員4名の中毒症状が取り上げられた事について、公営企業Enapの副社長は、政府関係者が事件の原因をEnapだけに追求する不信感を表した。

それに対し政府側は、他の企業の工場から原因物質は検出されなかったため、Enapに責任があるとほぼ確信していると反論した。

 

 

 

関連記事はこちら:

チリ:バルパライソ州キンテロ自治区〜炭化水素ガス集団中毒発生①

 

 

参考情報:

http://www.soychile.cl/Valparaiso/Sociedad/2018/08/24/552430/Ministra-de-Medio-Ambiente-anuncio-el-cierre-de-faenas-de-Enap-tras-episodios-de-contaminacion-en-Quintero-y-Puchuncavi.aspx

– http://www.soychile.cl/Valparaiso/Sociedad/2018/08/24/552549/Greenpeace-califico-la-crisis-por-contaminacion-de-Quintero-y-Puchuncavi-como-el-Chernobyl-chileno.aspx

http://www.soychile.cl/Valparaiso/Sociedad/2018/08/26/552732/Clases-permaneceran-suspendidas-en-Puchuncavi-y-Quintero.aspx

– http://www.soychile.cl/Valparaiso/Sociedad/2018/08/27/552825/Superintendente-de-Medio-Ambiente-pidio-bajar-un-poquito-el-tono-tras-dichos-de-vicepresidente-de-Enap.aspx

 

 

Leave a Reply